う蝕予防について | フッ素イオン導入による、う蝕予防・根管治療。

TOP » う蝕予防について

う蝕予防について

う蝕予防での活用法

プロフェッショナル フッ素ケア

イオン導入法では洗口法やフッ素歯磨き剤より効果的にフッ素を取り込むことができます。歯科医院専用のう蝕予防法ですので、患者さんが歯科医院へ定期的に行く意義を感じ、継続的な定期健診へと繋がります。専用機器を用いるイオン導入法だからこそできる方法です。

より強いエナメル質を形成し、う蝕予防に効果的です。

フッ素は歯質に取り込まれると、耐酸性のあるフッ化リン酸カルシウム(フルオロアパタイト)を形成します。パイオキュアーを使用してフッ素をイオン化させることにより、通常歯牙には取り込まれにくいフッ素を、効果的に導入することができます。

使用方法

フッ素イオン導入方法

イオントレーの綿にフッ化ナトリウム液「ネオ」を浸します。

イオントレーを歯列に圧接させるようにして、噛み合わせます。

電極を患者さんの手にしっかりと握らせ、スイッチを押してイオン導入を行います。

イオン導入法と浸漬法によるフッ素の取込量と脱灰の深さの違い

イオン導入した方がフッ素が多く取り込まれ、
その結果脱灰しにくい歯質になっている。

九州歯科大学 田中 敏子先生(平成24年8月29日)
歯科用イオン導入装置・パイオキュアーによる牛歯エナメル質へのフッ素イオン導入効果に関する研究より

2015.1.28

ページの先頭へ

(C)Copyright. NARCOHM Co.,Ltd. All Rights Reserved.